ことばのまえ Sou NAKAYAMA

Sou NAKAYAMA

  • 水たまり

    2013.06.12

    blog20130612

    手のひらで小鳥を育てる国がありました

    小鳥を育てるために手のひらがあり
    生まれてから朽ちるまで両手は塞がっておりました

    卵から雛になり巣立つまでの時間は
    手のひらで育つ小鳥によりまちまちでした

    小さな子どもも居れば年老いた老人も
    手のひらに小鳥を抱えておりました

    小鳥が巣立つと身体が朽ちるまで泪が流れました
    あちこちにある水たまりはその場所で小鳥が巣立った痕跡でした

    手のひらで小鳥を育てる国がありました

    小鳥を育てるために手のひらがあり
    生まれてから朽ちるまで両手は塞がっておりました

    小鳥が巣立つと身体が朽ちるまで泪が流れました
    水たまりはそこで小鳥が巣立った痕跡でした